効果的な髪の洗い方

良いノンシリコンシャンプーを手に入れても、正しく洗わなければ意味がありません。
ここでは、洗い方からすすぎ、乾かし方までをアドバイスします。

髪と頭皮の正しい洗い方

ノンシリコンシャンプーは、髪と頭皮に負担をかけない成分配合のため、これまでの市販シャンプーと比べて洗浄力は高くないというのが特徴です。

そのため、お湯による予備洗いで汚れを落とすといいでしょう。
予備洗いをすることで、泡立ちが良くなり、汚れが落ち、有効成分が浸透しやすくなります。

予備洗い

髪や地肌をお湯にひたします。
お湯が髪や地肌に十分に浸透したら、もみこむようにマッサージします。
お湯だけでも毎日の汚れやべたつきはある程度落ちてしまいます。

本洗いの方法

シャンプーを手のひらに取り、指先につけて頭皮の数か所につけます。
これが今までのシャンプーと違うところで、泡立てたり、水で薄めたりしません。

指の腹で髪ではなく地肌をマッサージするイメージで洗います。
本来、シャンプーは洗うことで毛穴の皮脂や汚れを取り除くのが目的です。

シリコン入りシャンプーは毛穴を詰まらせると指摘されており、ノンシリコンシャンプーは、この毛穴の詰まりをキレイに洗浄することができるのです。

シャンプーのすすぎ方

シャンプーで一番大事なのはすすぎです。
すすぎ残しによって頭皮トラブルを招くことがあるからです。

髪はもちろん、地肌にもしっかりとお湯をかけてシャンプーの泡が残らないようにしましょう。
1分から2分はすすぎに時間をかけるのをおすすめします。

これまでシリコンシャンプーを使っていた方が、はじめてノンシリコンシャンプーを使ったとき、洗いあがりに多少ギシギシ感を感じると思いますが、使っていくうちにギシギシ感はなくなるので安心してください。

しかしそれは、これまでのシャンプーが化学成分シリコンによって髪をコーティングして仕上がり感を良く見せていただけです。
髪に良くない成分をつけて表面だけ良く仕上げるのではなく、髪の自然な状態に洗い上げるノンシリコンの良さを感じてほしいと思います。

洗髪後の乾かし方

濡れたままの自然乾燥では、パサパサとなり傷んでしまいます。
ドライヤーですばやく乾かしましょう。

その際、熱から髪を守るためにトリートメント剤などを使用すると良いでしょう。
ノンシリコンシャンプーで髪に良い状態で洗っているのですから、トリートメント剤の成分にも注意して選んでください。