ノンシリコンシャンプーの選び方

ノンシリコンシャンプーを選ぶ秘訣について詳しくまとめてみました。

まずはシャンプーの種類を把握

より良いノンシリコンシャンプーを選ぶ前に、すべてのシャンプー製品の種類を把握しておきましょう。大きく3つに分けられます。

  • アルコール系シャンプー

有名な市販品の多くはこのシャンプーで泡立ちがよく比較的安価ですが、髪や皮膚のバリアを壊しやすい強めの洗浄力です。

成分表示:ラウリル硫酸、ラウレス硫酸、アルキル硫酸

  • 石鹸系シャンプー

界面活性剤が石鹸を使用したもので基本的に人体への影響は少なく安全だとされています。ごわつき感がありアルカリ性であるためパーマやカラーが落ちやすい特徴があります。

成分表示:石鹸、石けん素地、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム、ラウリン酸ナトリウム

  • アミノ酸系シャンプー

界面活性剤にアミノ酸系成分がつかわれていて人にも環境にも優しい成分です。他の種類に比べて価格は高めです。ノンシリコンタイプは多くがアミノ酸系です。シリコンの入っているアミノ酸系もあるのでお間違いなく。

成分表示:ココイル、コカミド、ラウリン酸、ミリスチン酸、ラウロイルメチルアラニンNa

ノンシリコンシャンプーの見分け方

シリコンフリーのシャンプーは、パッケージや広告で「ノンシリコン」であることが大きく書かれている場合が多いです。しかし、それだけで判断するのではなく、シリコンが入っているのか入っていないのか自分自身でしっかりと成分の表示を見て確認してみましょう。

シリコンの成分名としてあげられるのは…
「ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シラン」

これらの表示がひとつでも入っていたら、シリコンの入っているシャンプーであるということです。シリコンフリーが良いのなら、シリコンを示す表示がないことを確かめてから購入しましょう。

髪に優しいシリコンフリーをチョイス

シリコンフリーといっても、そのメーカーによって製品の特徴は様々です。
髪にツヤを出すシリコンが入っていないのですから、そのコーティング力を補うために、各社様々な工夫を凝らし開発されているからです。

また、他の成分にも着目し、さらに髪に優しい成分配合にこだわったシャンプーもあります。

たとえば、ノンシリコンでありながらオーガニックにこだわっているもの。
質の良い製品はオーガニック認証など、信頼できる証明を取得しているので選ぶ際の参考となります。

また、ノンシリコンシャンプーには、シリコンフリーで髪に良いという宣伝をしていても、最近、髪や頭皮に良くないと言われているラウリス硫酸ナトリウムラウレル硫酸ナトリウムを使ったいわゆるアルコール系シャンプーのものもあるので注意が必要です。

自分の髪質に合ったタイプを選ぶには

これまで成分のことを説明してみましたが、最後はやはり使用感です。

髪の多い少ない、パサつく、ボリュームがない、など、悩みは人それぞれです。
気になる製品を見つけたら、まずは試供品などで数回試してみましょう。

使って乾かした後、自分の思うような手触りかどうかが大切です。
また、毎日使うものですから、続けられそうな価格かというのも考えて決めましょう。