ニセ商品にご用心

昨今、ドラッグストアの店頭や雑誌のメディアで、“ノンシリコン”を謳う商品が目立ってきましたが、この“ノンシリコン”、果たして信用していいのでしょうか?ここでは、“ノンシリコン”の実態について解説していきます。

シリコンより強力なコーティング剤を使う製品も

ノンシリコンシャンプーは、髪の滑りを良くするためのコーティング剤であるシリコンが配合されておらず、さっぱりと洗い上げられるのが特徴です。しかし、“ノンシリコン”という文言だけを見てシャンプーを手に取るのは、ちょっと待って。ノンシリコンというのは、読んで字のごとく“シリコンは入っていません”という意味ですが、髪にとって本当に注目すべきなのは、コーディング剤なのです。

コーティング剤は、髪を覆ってしまうことで髪が呼吸できなくなります。それが髪のダメージとなり、結果的に頭皮が皮膚呼吸できなくなって様々なトラブルを起こすのです。このコーティング剤には、天然成分から合成化合物のものまで、数えきれないほどの種類がありますが、その中のたったひとつがシリコンです。

つまり、“ノンシリコン”とは“シリコンは“使っていませんが、他のコーティング剤は使っていますという意味あいのものが殆どと考えていいでしょう。【ノンコーティング】と記載すると、それは嘘になってしまうので、ノンシリコンという言葉を使っているに過ぎません。

以上のような理由で、“ノンシリコン”と書いてある商品の裏面には、非常に分かりにくいように、何らかのコーティング剤成分が記載されているはずです。もし配合されていないなら、「ノンコーティング」と記載されて然るべきなのです。

しかしながら、シリコンはコーティング剤の中でもまだまともな方で、強力なものになるとプラスチックに近いコーティング剤もあるそうです。

つまり、髪への優しさを求めてシャンプーを選ぶのなら、“ノンシリコン”表記されているかどうかに注目するだけではなく、植物性由来や天然素材といった髪に優しい成分が配合されているかどうかを、しっかりチェックすることが重要だといえるでしょう。

シャンプーはノンシリコンでも…?

シャンプー後の手触りを良くするために、“ノンシリコン”を謳ったシャンプーを販売しておいて、セットでの使用をすすめるリンスやトリートメントには、シリコンをたっぷりと配合してサラサラ感やツヤをアップさせるような商品も少なくないようです。

あくまでも“ノンシリコン”なのはシャンプーとしか謳っていないので、トリートメントにシリコンを入れておいても、取り立てて嘘をついていることにはなりません。しかしこれでは、せっかくノンシリコンのシャンプーであったとしても、全く意味のないことになってしまうのです。

“ノンシリコン”という言葉をそのまま鵜呑みにしないようにしましょう。

髪に限らず、美容への第一歩は正しい商品選びが肝心ですが、そのためには正しい知識と正しい目を養うようにしたいものですね。